ベビーシッターの資格と仕事

subpage1

ベビーシッターには、全国ベビーシッター協会が認定する「認定ベビーシッター」が存在します。



保育士のように国家資格ではありませんので、必須の資格というわけではありませんが、就労する会社によっては必要な場合も。
長くベビーシッターを続ける予定ならとっておいた方がいい資格です。以前は経験者のみというくくりもありましたが、最近では需要に伴う人手不足のため、未経験者にも門扉が開かれている状況です。


仕事内容は保護者に変わって、子どもの面倒を見ることが主な仕事です。

産経デジタルついて詳しく説明しているサイトです。

就労場所は、託児ルームなどを設置して、お子さんを預かる会社もありますが、直接ご自宅に伺って家で子どもの面倒をみることがほとんどです。個人で経営している方や会社によっては、施設ではなく自分の家で子どもを預かるサービスを行っているところもあります。

就労条件は、まだまだ正社員での雇用は少なく、登録制の派遣形態やアルバイトなどが主流。独立をして個人で経営していらっしゃる方も多いですが、それなりの経験が必要で、何より責任の全てを個人で負うことになりますので、独立するときはよく考えてからにしましょう。
託児ルームなどで預かる場合以外は、個人での仕事になりますので、同僚と一緒に仕事をすることはほとんどありませんが、その分子どもとの信頼関係が必要になります。

また、契約者である保護者の方との信頼関係はとても重要です。



長く続けるためにも、信頼のできる対応を心がけましょう。