ベビーシッターに預けるメリットと注意点

subpage1

ベビーシッターに預けるメリットとしては、融通が利くところです。
ベビーシッター会社によっても異なりますが、依頼者の自宅などに登録されたシッターが行く形が一般的です。

基本的には、個人でお願いすることになるため、時間の融通が利きやすいメリットがあります。


1日からでも任せることができるため、急な用事の時に少しだけ見てもらいたい際などの便利です。



自分が行くのではなく、自宅に来てもらうことができるため、送迎の必要がなく、会社によっては、早朝や深夜などの時間帯に融通を利かせてもらったり、急な要請に応じてもらうことも可能です。

通常は、保育園に通わせている場合でも発熱など病中病後の子供を預けることができる保育園は少ないため、熱がある子供を見てくれるベビーシッターの存在は心強くなります。

日本経済新聞がさらに話題になりそうです。

メリットが多い分、注意点もあります。



まず、料金が保育園や幼稚園に比べると高くなるため、日常的に利用する場合は高額になりやすいです。
また、シッターは毎回異なることがあるため、継続して依頼を希望した場合でも、子供との信頼関係や技術面などで差が出てしまうことがあります。良くも悪くも個人に任せっぱなしになってしまうため、子供に悪影響を与える行動をとっていたとしても、なかなか気づけないことが多く、状況が悪化してしまう可能性もあります。後でトラブルを引き起こさないようにするためにも注意点はしっかりと把握しておくじっくりと決めていく必要があります。