ベビーシッターを利用するときのポイント

subpage1

急な用事で子供を預かってもらう必要が生じたとき、多くの人は一時保育を利用します。子供を連れていくだけで預かってくれるため、手軽に利用できます。


ところが子供の中には、急に環境が変わり知らない人に囲まれて不安に感じることがあります。

ひどく泣いてしまうため預けることさえできません。


ごく一部とはいえ、良心的ではない施設もあります。

衛生面やスタッフの教育が十分でないためです。


人手不足の場合もあり十分な世話をすることが出来ない場合もあります。
ベビーシッターは自宅にスタッフが来てくれるため、子供はそれほど不安に感じることはありません。

T-SITEの知識が身につきます。

当然人見知りすることもありますが、比較的早く打ち解けます。


ベビーシッターを利用する場合は、一工夫が必要です。派遣されたスタッフが来て、すぐに出かけるのではなくしばらく時間を過ごすことです。


スタッフを含めて一緒に遊んだり、話したりします。ママの友達だと思うと安心するからです。



気をつけてほしい点や性格、好みなどを事前に伝えておくようにしましょう。当日口頭で伝えても構いません。

外出の際は、何時に帰って来るかをわかりやすく伝えておくなら安心します。
ベビーシッターは外出時だけでなく、体調が優れない時などにも利用できます。



例えば熱が出て動けないときなどにベビーシッターに来てもらうならゆっくり休むことができます。

他にも下の子の出産や腰痛がひどくて動けないなど、様々な状況で利用されています。


生活の常識

subpage2

保育園などでは預かってくれない、幼児を短時間ほいくしてくれるとして、ベビーシッターの存在がクローズアップされています。ネットなどで検索してみると、非常に助かったとの口コミがある、反面、少なからずトラブルもあるようです。...

more

皆が知りたい情報

subpage3

男性のベビーシッターに依頼すれば、子供と遊んでもらうことができます。子供は、成長とともに体力もついてくるものです。...

more

これからの生活

subpage4

ベビーシッターには、全国ベビーシッター協会が認定する「認定ベビーシッター」が存在します。保育士のように国家資格ではありませんので、必須の資格というわけではありませんが、就労する会社によっては必要な場合も。...

more

生活関係の情報

subpage5

ベビーシッターに預けるメリットとしては、融通が利くところです。ベビーシッター会社によっても異なりますが、依頼者の自宅などに登録されたシッターが行く形が一般的です。...

more